沖縄といったらグルクン(タカサゴ)

沖縄といったらグルクン(タカサゴ)

沖縄といったらグルクン(タカサゴ) 沖縄の魚といえばタカサゴです。しかし、なかなかこの名前で呼ばれることはありません。沖縄流にいうと“グルクン”ですね。サバに似た外観ですが、色合いは赤みがかっており、いかにも南国の魚、といった感じです。沖縄県の魚にも指定されている、沖縄を代表する魚です。

このグルクン、実際沖縄ではよく食べられています。私も沖縄を訪れたときはよく食べますが、一般的な食べ方としてはから揚げが多いようです。ほっこりとした白身がくせのない美味しさで、沖縄で愛される理由が分かります。しかしグルクンは足が速いため、沖縄に住んでいても刺身で食べる機会は少ないようです。生物学的な種類は違いますが、そのあたりも外観だけでなくサバに似ています。それでも、運がよければグルクンの刺身を食べることもできます。港町など、海に近い定食屋や居酒屋では出すこともあるようですね。私も一度現地で刺身を食べることができました。あっさりとした上品な味わいで美味しかったことを覚えています。

私は他にグルクンの料理を食べたことはありませんが、あっさりとした味わいの魚だけに、他にも美味しい調理法があるのでしょう。沖縄を代表する食材なだけに、沖縄を訪れた際はぜひ食べておきたいですね。
Copyright (C)2014沖縄といったらグルクン(タカサゴ).All rights reserved.